福岡でレンタカーを借りる際の注意点

最近ではレンタカー会社も全国に何店舗もあり、特に駅前には集中しているため電車や新幹線で出かけていった先で車での移動が可能となりました。バスなどで回るよりも時間の制約もなく料金もある程度はっきりしてきます。ずっと動きやすくなるため便利ですが、普段自分の暮らしているところとはまた違う町の様子や交通事情となっているはずです。そのため、現地情報をある程度は仕入れておき安全運転を心がけるようにしましょう。カーナビが発達しており、レンタカーにも大抵は付いているでしょうから地図を見なくても道に迷うような心配はないと思います。九州地方最大の都市、福岡での車事情はどのようになっているのでしょうか。どういったところに注意すればよいのでしょうか。見ていきましょう。

福岡では自動車は移動に欠かせません

都会とはいえ、東京ほど交通網が発達していないですから福岡県内で移動を行なうのであれば自動車は欠かせないアイテムです。ただ、知らない道を運転する以上、万が一のためにも基本的な補償内容が利用料金に含まれていることを確認して置きましょう。ただ駐車場に停める際に壁にぶつけたなどの自損であればその対象外となっている場合もあります。どこまでが含まれるか知っておくとともに、万が一起こらないように安全運転に普段以上に気をつけるようにしましょう。旅行の行程によっては、支店などに乗り捨て可能な方が便利だったりします。目的に合わせてよい会社を選びましょう。事前にインターネットで予約ができるため、旅行に行く前に早めにレンタカーしておくと、旅行先での時間短縮に繋がります。

福岡での駐車場事情の特徴について

車で移動する場合、目的地に付いたら車を駐車場に停めなければなりません。ただ、都市部であっても無料の駐車場がとにかく少ないので行く前にできれば調べておいたほうがよいでしょう。有料パーキングであれば比較的多いのですが、こちらはとにかく料金が高い。そのためちょっとでも長く停めておくとあっという間に結構な金額となってしまいます。有名なショッピングモール・キャナルシティ博多も例外ではありません。ただこちらは平日であれば平日のみ使用できる平日ワンデイパスカードというのがあり、これを使って地上駐車場に駐車するようにすれば700円で抑えることができます。こういった裏技も知っておくと便利です。結局はバスやタクシーを利用するよりも高くついてしまったというのだともったいないです。