福岡でレンタカーを借りる場合ここが大事

福岡に旅行や出張で訪れた際にレンタカーを借りると、好きな時に好きなところに移動することができるので大変便利です。費用的には格安な料金を設定し、公共の交通機関やタクシーなどを使うよりも安かったり、魅力的な人気車を多く取り揃えていたりなど、レンタカーを借りる楽しさを味わうこともできます。では、実際福岡でレンタカーを借りる場合、何か気を付けなければならないことがあるでしょうか。まず、基本的なこととして、自分がクルマを借りることができるかどうか確認しなければなりません。どういうことかというと、運転免許証を取得してまだ1年以内の人は、レンタルできない場合があるのです。これは問題を起こすリスクがベテランドライバーに比べて高くなるからです。ただすべてのレンタカー会社でNGというわけではないので、初心者マークのドライバーは確認してみると良いでしょう。

自動車任意保険の確認と傷の確認

二つ目に、万一ぶつけてしまったときの保険・補償内容がどうなっているかということを確認しなければなりません。不慣れな道をドライブする場合、トラブルを起こす確率が高くなります。自動車任意保険に加入してあるので基本的に不安はありませんが、きちんと保険内容は確認しておく必要があります。たとえば、接触を起こした場合、車両保険でいくらまでカバーしてもらえるのか、免責額はいくらか、また自損もカバーしているのかなどです。後から思わぬ額が請求されるかもしれません。また、このこと関連して、クルマに乗り込む前にはボディに傷やヘコミなどがないかしっかり確認し、もし発見した場合、返却したときに自分が傷をつけたと誤解されないためにその旨をすぐに知らせか、写真にとって記録しておくと安心です。

乗り捨てが可能か、返却場所を確認しましょう。

三つ目に、返却場所を確認しましょう。基本的にはクルマを借りた店舗(出発店舗)に返却するのですが、同じ系列の店舗が他の場所にもある場合、その別の店舗に返却する「乗り捨て(ワンウェイシステム)」を導入している場合があります。福岡の駅前や空港でクルマをレンタルして、ホテルの近くの店舗に返却することができればとても便利です。しかし、この乗り捨てシステムを利用できるところと出来ないところがありますので、前もって返却場所を確認する必要があります。もし、乗り捨てが出来ないのにも関わらず、他の店舗に返却した場合、回送料金を請求される場合もあるので注意が必要です。なお、返却前にはガソリンを満タンにして返却するのがルールです。もしガソリンを入れる時間がない場合は、追加料金を請求されます。